• ホーム
  • 中古ドメインでアフィリエイトサイトが成功した話

中古ドメインでアフィリエイトサイトが成功した話

アフィリエイトサイトを作る場合、最近では中古ドメインを使ってサイト作成をするケースが多く見られます。
中古ドメインについてはいろいろな意見がありますが、中古ドメインの効果を失わない利用方法の紹介もかねて、ここでは成功しやすいポイントを紹介しましょう。

成功事例のひとつとしては、主婦がある程度サイト構築をやってみて、その後に慣れたので中古のドメインで新たにサイトを作ってみたら思った以上に稼げた、というケースです。
これはある程度慣れた人だからこそできるスキルだということでもあります。
そもそも中古ドメインとは何かというと、かつて誰かがどこかでサイト運営などをしていた時のドメインなのです。

レアな文字列や個性的な文字列があったり、中には使い勝手の良い文字列が使えるため、ドメインを重視する人の場合はぜひ活用したい文字列が多くあります。
このため、その文字列を使いたいという制作者がドメインを狙う場合もあります。
ですが、大体の場合はそのドメインについている色々な評価を狙っていることが多く、アフィリエイトについてはやはりSEO対策で使う人が多いでしょう。

SEO対策とは検索結果でいかに上位表示を狙うかという対策で、その対策の一環として中古ドメインは価値があるのです。
この中古ドメインのポイントとしては、外部からすでにある程度評価されていたり、被リンクによって何らかの価値を持つ、という事でもあります。
例えば中古ドメインの場合は被リンクが既にあるのでリンクを集める必要がなく、当然最初からアクセスを集められるため、成功しやすい傾向があるのです。

当然、初心者でも購入することはできます。
初心者でも最初から中古ドメインを活用して成功させることは可能です。
プロの制作者だけではなく、成功事例を見ていると主婦や未経験者でも多くの人が参加しています。
中古ドメインの場合、特にドメインの文字列が重要です。
先ほどの主婦の場合、そのドメインが過去にどういうサイトで活用されていたのかを知り、そのジャンルをそのまま使ってサイト作成を行ったのだそうです。
作業には少々時間がかかりましたし、図書館などで情報を調べて掲載する必要があったので面倒な事も多かったのですが、作ってみると悪い単語ではなく、アクセスも集められました。

適切なドメイン選定と適切なサイト作成をすれば、中古ドメインによるアフィリエイトは悪い選択肢ではありません。
とはいえ、適切な作業を適切に行うことで収益が狙えますので、どういうサイトにするかを決めるのにちょっと制限がかかる場合はあるようです。