• ホーム
  • アフィリエイトとは何か?

アフィリエイトとは何か?

そもそもアフィリエイトとはいったいどういうものなのでしょうか。これは、単純に言えば紹介報酬を稼ぐというもので、アフィリエイトのためにはサイトやブログ、SNSを運営している必要があります。アフィリエイトの場合、どれも基本的には自分のサイトやブログ、SNSアカウント内で何らかの商品やサービスを紹介し、それを見た人が商品を購入したりサービスを利用することで紹介報酬が得られるというものです。

クレジットカードやネットサービスでもたまに友人紹介でポイント還元などのサービスがありますが、その中でも特にビジネスや収益を上げる事だけに特化したサービスです。様々な人が参加していますが、副業という人が多いでしょう。ですが、中には月に数十万円も稼ぐ専門的な人もいて、このような人をアフィリエイターといいます。

収益の出し方としては、基本的には成果報酬制となっています。この仕組みはまず、誰かが自分のサイトやブログなどから何らかのアクションをとっても貰うことで利益になるものです。何らかのアクションを自分が起こせば収益になるというよりは、誰かを紹介したり何かを買わせたりすることで利益が発生するものなのです。もちろん、サイト作成者そのものが自分で商品を購入したりサービス利用をしても成果報酬が発生することもありますが、こちらはメインの稼ぎとは言い難いでしょう。

やり方としては、ASPと呼ばれる専門のサービスに登録します。次に自分の持っているサイトやブログなどを登録し、審査を受けます。承認されれば、そのサイトに広告を掲載して商品やサービスを紹介し、その広告から誰かが商品やサービスを使えば費用が発生する、という流れです。

また、成果報酬なので一定金額まではプールされ、その後に一定期間後に成果報酬という形で支払われます。支払いについてはその都度よりも、月単位で締め日があって、その後に指定日に支払いがあるという感じです。自分で何かを販売するのとは違い、仕組みは比較的複雑です。中間業者を経由する上、その内容については審査がある事も少なくありません。

このため、必ずしも誰でも絶対に稼げるというわけではなく、実際にASPの中には年齢制限がある場合も多いのです。とはいえ、販売や接客、集客などが得意な人やウェブサイト制作が出来る人であれば、副収入やお小遣い稼ぎのつもりで登録している人は少なくありません。ここから収益を狙い、将来的に専業として働く人も少なくないのです。